タグ:しつけ教室 ( 17 ) タグの人気記事

クレートトレーニング

b0221179_6443098.jpg
先週土曜日は2度目の犬の幼稚園でした。宿題はクレートトレーニングの徹底です。クレートトレーニングとは犬に外に出て欲しくない時は犬小屋にいれてドアをしめてしまうというもの。Rosieはこれまでもクレート(犬小屋)で寝ていましたが、いつもドアは開けっ放しでした。クレートとトイレを囲んだサークル、約畳1畳分が彼女のスペースで、閉じ込めておきたい時や夜はそのサークルを閉めていました。でもそれだと好きな時にトイレに行けてしまいます。Rosieが良くトイレを失敗するのは私たちが予期しない時にトイレをしてしまうことが多いため。本来ならば5時間は楽に間隔が開くはずなのに、途中で適当にしてしまう。まずはクレートトレーニングで5時間もたせる練習をしなけばならないとのこと。確かに、そう言われれば納得。

写真は今のRosieのお家。クレートには「ハウス」と言えば入ります。ペットボトルで遊ぶRosie。お気に入りは頑丈なFiji Waterのボトル。

そこで渡されたのはRosieの1日の時間割表。1時間(散歩を含む)遊ばせたら4時間クレートの中、クレートからだしたらすぐトイレ、しなければまたクレートに逆戻りというかなり厳しいスケジュールです。最初見た時は目を疑ってしまいました。ドアをしめたこともないのに、4時間閉じ込める???「なるべく頑張ってください。」と言われ、頑張った1週目。でもご飯や散歩を含んで1時間というのはあっと言う間です。それではクレートを嫌がってしまいそうで、最初の2−3日はおそるおそる少しずつ。しかしやっぱりそれでは1日1回はトイレを失敗します。週の後半は娘の学校もはじまったことだし、ここは心を鬼にして、どんなに鳴いても、本当に私が見張っていられる時だけクレートから出すという(それでも長くて3時間半、一日一回、あとは2−3時間ぐらいまで)ことにしました。そうすると3日間失敗なし。やっぱりそこまでやらなくては失敗は防げないのだと痛感した3日間でした。

最初の1週間スケジュールを克明に記録して、いつ失敗したかも記録して幼稚園に持って行ったところ、「じゃあ、この記録を元にして、もう一回時間割表をつくりなおしましょう。」と言われ、作っていただいたのが、またもや、朝だけ自由時間2時間に増えたものの、クレート4時間、昼の自由時間1時間、クレート4時間、夕方の自由時間1時間、クレート4時間、夜排泄させるだけで、またすぐに朝までクレートというもの。「はじめが肝心です。大変かもしれませんがなるべくスケジュールどおりにクレートに入れて下さい。」とのこと。1週目よりは慣れたとはいえ、まだちょっと見た目可哀相なスケジュール。

新しいスケジュールで試したのは丸3日間ですが、今のところ、ほぼスケジュール通り。ほぼ、というのは夜10時半頃起こして、排泄をさせたらすぐクレートに戻す事になっています。その時にどうしてもかわいそうで、1時間ばかり一緒に遊んでやります。あとは自由時間になるべく遊んでやって思いっきり疲れさせる。

おかげで今のところトイレの失敗はありません。「出せ〜」と鳴かれることはありますが、我慢して相手をしないと静かになります。こちらにとっては朝、昼、晩、夜と決まった時間に相手をすればいいので、メリハリがあって用事も済ませやすい。1時間も真剣に相手をしていると、Rosieも疲れるようで、それほど無理なスケジュールでもないのかも?と思えてきました。

ただ5時間もたせる習慣をつけるためにクレートトレーニングをする、と言われましたが、遊んでいる1時間の間に2回することもよくあります。まだ5ヶ月半だし、個体差もあるだろうから一概に5時間もたせる、、、というのも無理があるような気もします。ただそういう時も自分からちゃんとトイレに行く様にはなりました。それはクレートトレーニングのおかげかも。

最初はかなり抵抗感があったトレーニング方法ですが、やっぱり薦める人が多いのがわかるような気がしてきました。ただ犬によってはストレスがたまったり、鳴く癖がついてしまったり、ということはあり得るような気もします。Rosieの状態を良くみながら無理をせず続けたいと思います。排泄の習慣さえ100パーセント失敗がなくなればもっと外に出しても良いそうなので、ここは頑張ります。

きっとこんな遠い目をしてクレートに閉じ込められているのでしょう。それを思うと可哀相ですが、、、。
b0221179_753699.jpg


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-09-15 05:15 | Comments(2)

しつけ教室  呼んだら戻ってくる Recall

b0221179_755538.jpg

写真はコマーシャルの撮影でも良く使われている湖で散歩。隙あらば水の中に入ろうとするので、それを止めるのに必死。とても水が綺麗に見える湖ですが、寄生虫などが多いので犬にもよくないそうです。

早くリードなしで一緒に歩きたい。皆思う事は同じですね。
先生の答えは「まだ早すぎる、危険。子供だってある程度大きくなるまでは手を引いて歩くでしょう。」
なのでリードなしで歩ける絶対条件「呼んだら戻ってくる」練習。

これも餌を使います。5、6メートル離れた所から、「これはな〜んだ?」と大好きな餌を見せて呼ぶ命令(何でも良い、私たちは"Rosie, Come!")を一回発します。こちらに犬が向かって来たら、1−2メートル後ずさりします。この後ずさりが大事なんだそうです。近寄ると追いかけっことまちがえて、せっかく向かって来たのに戻ってしまうことがあるのだとか。「Good Girl」でもなんでも良いからほめながら後ずさりする。そして手元まで来たら首輪を掴んで(ここも重要、首輪を掴んでも嫌がらない練習)餌をあげて褒めちぎる。30秒は餌を与え続ける、褒め続けなければいけないのだそうです。

これをチャンスがあるところ(静かな他に興味の対象が少ないところ)で何度も練習する。家でも一日3−4回は最低やりなさいとのことです。

後ずさり、、、で思い出すのは娘のプールでの泳ぎの練習。「そこに立っていてよ!」と言われて、足の着かないプールで泳いでくる娘を受け止めるのに、同じ場所にいた試しがなかったっけ。後ずさりは得意でした。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-08-10 07:19 | Comments(0)

しつけ教室 首輪を掴まれても嫌がらない

b0221179_14383065.jpg
日曜日は最後のしつけ教室でした。参加はRosieをいれて3匹。ジャックラッセルテリアのバスター君とはお団子になってじゃれ合います。でもじゃれ合っているうちに2匹とも興奮して、喧嘩になることもしばしば。なので興奮しすぎる前に2匹を離す方法をならいました。

餌で誘導して首輪をつかむ、というものなのですが、この首輪を掴まれても悪い事はおきないんだと犬にわからせるのが大事なんだそうです。首輪をつかんで飼い主のもとに引き寄せる時にはとびきりの餌を使うのだそうです。2匹でじゃれ合っている=犬にすればとても楽しい事を首輪を掴んで中断させるわけですから、それには代償=とびきりの餌を使う。そうやっていつも首輪を掴む練習を心がけていると、いざ本当に危ないとき、緊急時に首輪を掴もうとして逃げられることがない。危機管理なのだそうです。
b0221179_14395298.jpg

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-08-09 14:40 | Comments(0)

しつけ教室  犬が犬と手加減して遊ぶ

b0221179_10434289.jpg
写真は近所の公園で14ヶ月のチャーリー君に遊んでもらっているRosieです。

しつけ教室でのこと、Rosieと12週1、5キロぐらいのジャックラッセルテリアのバスター君、13週のラブラドールのライリーと3匹で遊んでいました。そうしたらジャックラッセルテリアはものすごく小さいので、ラブのライリーちゃんが寝っころがって遊んであげようとします。それを見て先生が「ライリーは自分の力を抜いて小さい犬と遊ぶ事をわかっている。これが出来る犬は攻撃的な犬にはならない。Rosieは全然手加減してないわね。」。小型犬は自分よりとても小さい犬というのが存在しないから、それは無理ないようなのですが、ラブは本当に性格がいいのだなあと関心してしまいました。

Rosieはとにかくどんな犬に会っても、遊んでもらいたい攻撃。犬社会のマナーは犬に教えてもらわないといけないらしいですが、Rosieもマナーの良い犬になれるのでしょうか。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-08-03 11:30 | Comments(0)

しつけ教室 グループレッスン5日目 遊ばせる時は1匹づつ

b0221179_042236.jpg
写真は近くの公園で知り合った14ヶ月のチャーリー君。柵がないので他の犬とはRosieはまだリードをつけて遊ばしています。そのリードをチャーリー君がひっぱってる。まるで散歩させているみたい。

日曜日に5回目のしつけ教室に行ってきました。本当は4回なのですが、先生は時間のある時には来てもいいと言って下さってお言葉に甘えて参加。新しく子犬が2匹参加して計4匹でした。Rosieを含む3匹はとても上手に遊ぶのですが、もう1匹は怖がってしまい仲間に入ろうとしないで吠えてしまいます。産まれた環境で性格が作られてしまうのだとか。飼い主さんは覚悟の上、それを直すためのクラス参加でしたが、こちらにとっても勉強になりました。

毎度先週の飼い主の懺悔?からはじまります。Rosieの番。先週から写真の様な広い犬が沢山集まる公園に時々連れて行っています。Rosieは他の犬と遊びたくて会いにいき、大抵の場合は相手にされないか、上のチャーリー君のようにちょっと遊んでもらえるか、なのですが、一度2匹飼いのテリア(リードなし、Rosieの倍以上の大きさ)に囲まれてしまいました。飼い主さんの言う事を聞く良い犬達だったのですが、2匹に少し追いかけられてしまい(2メートルぐらいですけどね。)Rosieはパニック!!ということがありました。

先生の診断は「その時に貴女に守ってもらおうと逃げて来た?」、答えはノー。それは飼い主がまだ絶対的な存在になっていないか、それを思いつく暇もないほどパニック状態だったということなので、どちらにしてもその状態にさせるのは時期尚早だった、飼い主の判断ミスだそうです。大きさの大小にかかわらず2匹飼いの犬には注意しなさい。躾けの良し悪しにかかわらず、2匹に動くおもちゃだと思われる可能性があるからだそうです。まだ他の犬と会わせるのは1対1が基本だとのことです。また、ある程度大きくなっても小型犬は大きな犬達が何匹もリードなしで走り回っているような所には連れて行くな、どんなに躾けられている犬でも大勢で遊んでいる時には競争心が煽られて本能がでて、小型犬は獲物になってしまう。そんなことがあったら小型犬には精神的に取りかえしのつかないダメージになるのだそうです。確かに考えただけでも怖いです。

犬社会のルールを覚えるためには他の犬と会わせることは大事だけれど、その会わせ方にはかなり気を使わなくてはならないそうです。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-08-02 01:29 | Comments(4)

しつけ教室 グループレッスン 4日目 悪い癖は飼い主が悪い

b0221179_12194444.jpg


日曜日はグループレッスンでした。Rileyちゃんと2匹だったのですが、もう慣れたのかとても上手に遊びます。(=噛み合います。)人間に対する遊び方と犬同士の遊び方の違いが少しわかってきたような。人間に対しては格段に噛むことが少なくなってきました。

犬達が遊んでいる間、飼い主(犬2匹に対して5人!!)たちは先生の話を聞きます。

今のうちに色々な所に連れて行きなさいという話。階段、エレベーター、トンネル、橋、考えつく色々な場所。子供、配達員など普段それほど見かけない人間。自転車、バイク、車、トラック、バスなどの乗り物。あらゆる音など、怖がって逃げ出すようでない限り、餌をやりながら経験させなさい。

家で餌をあげる時はあらかじめ用意しておき、絶対に待たせない。要求吠えを覚えさせないとともに、料理している=犬の餌を用意していると勘違いさせない。そうでないと料理している時にも吠える犬になってしまう。

なにしろ悪い癖をつけさせないように今のうちに飼い主が考えうる限りの手をつくしなさい。とのことです。悪い癖=飼い主の怠慢、だそうで頭が痛いです。

ちなみにまだ時々失敗するトイレ。ご褒美のあげ方がまちがっているそうです。トイレでした時にその場(トイレの上)でご褒美をあげないと意味がないのだとか。これまでトイレでした時にはトイレから出た所であげていたのですが、それでは犬はもうどこでしたか覚えていないのだそうです。ふーむ、でも、ということは四六時中観察していなければいけない、ということですね。やっぱりトイレの失敗の原因は私か。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-07-26 13:08 | Comments(0)

しつけ教室 吠えるのは2、3回まで

b0221179_1151392.jpg


はじめてロバと会いました。しっぽをふって嬉しそうに近づきます。ろばはちょっと匂いを嗅いで興味無さそうに向こうに行ってしまいました。Rosieはもっと遊びたい風でした。

しつけ教室で、要求吠えではなく、見張りをして吠えるのは犬の本能だから吠えた事を叱ってはいけない。でも2、3回以上吠えるのは無駄吠えなのですぐに餌を使ってやめさせる。

今のところそれほど吠えることはないRosieですが、どうかなあ?先生の言うように上手く無駄に吠えないように出来るのでしょうか???

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-07-19 12:02 | Comments(4)

しつけ教室 グループレッスン 3日目



今日はグループレッスンの3日目。参加者はRosie(15週)とRileyちゃん(11週)。動画は水を怖がらないレッスン。浮かぶ餌を使ってプールにおびきよせます。Rileyちゃんもこれまで水の中に入れなかったのにすぐに慣れました。Rosieもこれまで浅いプールは大丈夫だったのですが、この深さに入ったのは今日はじめてです。Rileyちゃんはすぐに水中で息も出来る様になりました。さすが水好きなラブですね。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-07-18 14:09 | Comments(0)

しつけ教室  犬社会では子犬は16週まで

b0221179_8342337.jpg
これはグルーマーさんのところにいたワンちゃん達。シャンプー待ちの間はこの中にいたそうです。
しつけ教室の先生によると犬社会では16週を過ぎたらもう子犬ではないと見なされ、それなりの振る舞いを期待されるのだそうです。Rosie、あと2週間切っちゃいました。どうしましょうね。

なんで犬同士で16週過ぎたかどうかわかるのでしょうね。子犬のように振る舞ったらどうなっちゃうんでしょうね?
ついつっこみたくなっちゃうんですが、先生にはあえて聞きませんでした。だから私にも聞かないで下さいね。
多分先生は16週までにしっかり子犬同士遊ばせておかないといけないということを言いたかったんだ、、、と思います。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-07-16 08:45 | Comments(2)

しつけ教室 首輪とハーネス

b0221179_1328404.jpg
リードをつけてお散歩するとき、トレーニング時は首輪につけます。つまり飼い主の左側を歩き、ひっぱらないで歩調を合わせて歩く。常に飼い主を見ながら歩きます。それが出来ない時は必ずハーネスにリードをつけます。
首輪につける練習はまず家の中から。簡単に犬が飼い主に意識を集中できる場所から、短時間。そしてその時間をのばしていきます。もちろんRosieが最初から私たちに意識を集中できるはずはなく、このトレーニングは食事時間に餌を使ってやります。
しつけ教室でも首輪にリードをつけて歩く練習は常に餌を与えて飼い主に意識を集中させます。ずっと食べてばっかり。だからまだ一日3回の食事、お教室のある日はお昼ぬき。

しつけ教室の近くにあるターゲット(日用品のデパート)。アスペンには大型店は存在しないので久しぶりに下界に下りた様な気になりました。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-07-14 13:50 | Comments(0)