タグ:皮膚 ( 3 ) タグの人気記事

アレルギー?対策

b0221179_211760.jpg
一所懸命待っています。ソワソワ。

今回アレルギーの疑いが強いということで獣医さんには食事療法を薦められてしまいました。そうなると他には何もあげることが出来なくなります。ご褒美をあげることで、今色々なトレーニングも順調に進み、聞き分けも良くなってきた矢先にそれは辛い。

なので食事療法は最後の手段として、習慣をみなおすことから始めました。

まず散歩の後の手足の洗浄。これまではあまり汚れていない時はただ拭くだけだったのを、毎回バスタブにお水をはって洗い流すことにしました。シャンプーを使わないで水で洗い流すだけであれば乾燥もひどくならないとか。乾燥しているカリフォルニアの気候では皮脂を洗い流してしまうシャンプーは1ヶ月に一回以上するなとブリーダーさんにはきつく言われているので、薄黒くなってもシャンプーは我慢しています。

運動。1日2回15分から30分ほど散歩をしていますが、散歩後、自由に庭を走り回らせることにしました。呼ぶとちゃんと戻ってくる様になったので5−10分程度、庭に放し飼いにしてストレス解消。リードなしでそこらへんをものすごい勢いで自由にはしりまわって、嗅ぎまわっています。これをはじめてから、もしかして運動不足だった?という懸念もわいてきました。

羽毛をやめました。朝夕が冷えるようになったので、娘が赤ちゃんの頃に使っていた羽毛ぶとんの上で好んで寝るようになっていました。朝方に痒がることが多かったので、羽毛の上で寝ていたのをポリエステルの化学製品のベッドに変えました。

そして今までドライフードだったのを徐々に手作り食に移行していきました。禁断の実をかじってしまったRosieと私。上手くいくかな。

b0221179_245433.jpg


真剣!!

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-10-12 02:09 | 健康 | Comments(4)

Scooting 獣医さんの診断

b0221179_7384546.jpg
カメラのメモリーカードをうっかり噛まれてしまいました。なのでコンデジ撮影が続いています。

5週間前からはじまった、今回の症状に対する獣医さんの診断記録。

4週間前 避妊手術相談時 検便とおしりの周囲腺の診察。異状はなく、念のため虫下しの薬を処方される。アレルギーの懸念ありとのこと。それほどひどくはないので、暑さもあるから、涼しいところ(自分の好きな所)に寝かせる様にしてあげて様子をみてくださいとのこと。

3週間前 避妊手術時 検便の結果でも虫はいなかったので、このまま症状がやわらぐようであればそのまま、ひどくなるようであれば投薬をします。と言われる。避妊手術で入院中は麻酔のせいもあってか症状はなかったよう。

その後も自宅では時折むず痒いのかScootingを繰り返す。

2週間前 避妊手術の経過診察時 かなり痒がっているようなので抗ヒスタミン剤、ヒドロキシジン10mgを一日2回内服するように言われる。副作用があまりない薬とのこと。4−5日して効かないようであれば、手足の肉球周辺の毛も赤くなっているので、かなり舐めていることも考えられるからアレルギーの可能性が高い。その場合はステロイドを投薬しますと言われる。

薬が効いている間は症状が治まるが、薬がきれるとだめ。炎症は収まっていない様子。薬が効くと眠気もあるらしく、少し元気がなくなる。

10日前 手術跡に糸が残っていたのでそれを取ってもらうついでにおしりの患部をみてもらうと、良くなっていない。
アレルギーなので、と一番弱いステロイド内服薬とアレルギー用ドッグフードとおやつを処方される。

一応先生の話は聞いたのですが、どうも納得がいきません。ステロイドを使わなければいけないようなアレルギーの症状にも思えなかったので、薬を使うのを躊躇して、いつもの抗ヒスタミン剤も飲ませませんでした。
そうしたら翌朝、ひどいかゆみだったようで、クレートの中では狭いから身体を折り曲げておしりを舐めることが出来るため、クレートの中から出てこない。出すとおしりは真っ赤、ずっとScootingを続けます。見ていられずにすぐ獣医さんのところに連れて行きました。

9日前 症状がひどくなった、けれどステロイドを使う気にはなれない、症状から見てカミソリまけのようなもので、アレルギーとは考えにくいので何か患部に炎症をおさえる薬を塗って、抗ヒスタミン剤で様子をみさせてくださいと訴えました。先生はアレルギーだと思いますと言われ、納得はされていなかったようですが、炎症をおさえる軟膏を一度塗るが、最初10日分処方された抗ヒスタミン剤で炎症がおさまらなければステロイドを内服するよう言われました。

そうして抗ヒスタミン剤をその後3日間朝夕続け、その後は昼間症状がまったくなくなりました。念のため3日間ほど見張っていられない夜だけ飲ませて、症状は完全に治まりました。

そしてその間にやることになったアレルギー対策。今となってはアレルギーなのかどうかもわからないし、何が効いたのかもわかりませんが、記録しておこうと思います。やはり一番効いたのは患部に塗ってもらったお薬の様で、カミソリ(バリカン)まけだったというのが一番可能性が高いようです。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-10-11 06:52 | Comments(0)

Scooting

b0221179_7345676.jpg


また髪の毛がのび放題。

犬がおしりがかゆくて絨毯などにおしりをこすりながら前に進む行為をいいます。最初獣医さんにこれを説明する時にどう言ったらいいものか、rubとかscratchとか知ってる単語を羅列して説明しました。ちょうど避妊手術を受けた頃、時折こうおしりを掻いているので、最初はついでに聞いてみようという感じでした。

事の発端は今から思えば5週間前のグルーミング。仕上がりはとても満足だったのですが、娘も気がつくほど、「随分お尻の毛が短く剃られちゃってるね。」と。夏だし、その方がいいと思っていたのですが、その時からscootingをし出し始めました。多分、カミソリまけならぬバリカンまけ。そして3週間前の避妊手術で1泊お医者さんに泊め置かれる間に治らないかなと思っていたら、治らず、暑さのせいもあってか、どんどんひどくなる。

症状がひどくなったのは避妊手術前後1週間。そして今改善してから約1週間。もう治ったかな?ここ1週間はscootingしていません。

その記録を何回かに分けて書いておこうと思います。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
[PR]
by rosemarywells | 2011-10-10 07:37 | Comments(4)